専門学校への出願は早ければ早い方がいい3つの理由

専門学校の入試は主に
「AO入試」「推薦入試」「一般入試」の3種類。
その中でも「AO入試」は一番早くはじまります。

願書受付開始は8月1日からですが、
エントリーと面接はさらにその前からできて、
出願前から内定をもらえる学校がほとんど。
つまり、みんなが入試のピークを迎える
秋〜冬になる前に、進路が決まるということ。

しかも、早く出願すると
“いいこと”がいっぱいあるんです!

受験料や
入学金が安くなる!
出願のタイミングによっては受験料や入学金が減額されたり無料になることがあります。
また、特待生制度にチャレンジできる学校も多く、採用されれば授業料などが大幅にダウンすることも。
出願は早ければ早いほど、お得になるんです。
(※学校ごとに特典の内容が異なるので各学校へ直接お問い合わせください)
入学前教育でみんなより
早く友だちができるかも!
AO入試などで早くに合格が決まると、学校によっては入学前学習や課題が出される場合があります。
早くから準備を始めることで安心して授業についていけますし、もし入学前に集まりなどある場合には、入学前から同じ目標をもった友だちができるかもしれません。
早く進路が決まるから
残りの高校生活を楽しめる!
早くに出願するメリットはなんといっても安心できること。
進路が決まれば残りの高校生活もめいっぱい楽しめます。
いつか動こう、ではなく今すぐ動くことで、学校の行事や友だちとの時間など、楽しい時間を不安や焦りを感じることなく心から楽しめるのは早くから出願ができる専門学校ならでは。

人気のある学科では、
一般入試の出願期間であっても
定員に達すると募集を締め切ってしまうので、
もし専門学校へ進学しようと考えているなら、
今すぐに動き出そう!

学校を探す